お客様インタビュー

やっぱり付き合う人っていうのが一番重要

IMG_0681

 

− (未来電子)今回は、山の原ゴルフ場にて、西光弘さんにインタビューさせていただきます。 それでは簡単に、西さんの方から自己紹介をお願いします。

(西さん)改めまして、未来電子テクノロジー株式会社の西光弘と言います。主に、インターネットを使ったマーケティングをさせていただいている会社になります。本日はよろしくお願いします。

− では、原田さんの方からも簡単にお願いします。

(原田さん)私はライフサイクルの原田友美と申しまして、大家さんインストラクターという不動産を使った資産形成のお手伝いをしております。

− ざっくばらんに話したいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

インタビュー場所:山の原ゴルフ場

IMG_0749

IMG_0763

IMG_0743

 

『第一印象はとにかく明るくてポジティブオーラがすごく出てる方』

IMG_0824

− まずは西さんにお聞きしたいんですけれども、ライフサイクル様とはどういった形で知られたっていう経緯になりますかね。

はい。去年、グランフロントでアントレプレーナーの実践塾っていうのがありまして、そこに半年間通っていたんです。その時に一緒の塾生だったのが原田社長と原田さんで、それが初めて知り合ったきっかけの部分ですね。

− なるほど。そのアントレプレーナー実践塾というところに関して、具体的にどういうことをされていたのですか。

ファイナンスです。資金調達のことであったりとか、実際のビジネスモデルを一から自分で作っていってそれを発表するプレゼンテーションだったり。経営者の方やファイナンスをされている方向けの勉強ですね。

− そうなんですね。結構じゃあお互い勉強されていた感じですか?

そうですね、一緒に頑張った仲間です。

特に最後プレゼン頑張ってあれ実は結構夜中まで練習してたんですよ。

そうなんですか、大賞とってましたもんね。

とりました。

− 実際にその中での最初の印象っていうのをお聞きしたいんですけど西さんから原田さんってどういう印象でしたか?

実践塾のメンバーが20人くらいいらっしゃったんですけど、その中で、とにかく一番明るいっていうかポジティブオーラがすごく出てる方だなと感じました。初めてお会いした方って基本的にちょっと緊張感があるので、元から「あ、宜しくお願いします。」みたいな感じなんですけども、原田さんは「よろしくお願いします!」みたいな感じの印象でしたね。

− 僕も今日一緒にゴルフ回って、そんな感じの印象を受けました。すごいですよね。

ありがとうございます。

− 逆に原田さんの方は西さんにどういう風な印象でしたか。

最初の印象としては、塾の中で色々意見を聞いたりする機会があるんですけど、その時に本当に細部まで聞いてくれるって感じでしたね。

− そうですね。

「こういうことはじゃあどうなんですか?」というような感じで私が伝えてなかったこと、でも伝えた方がよかったってことっていうのを質問してくれる、だからすごい鋭いなっていうような印象がありました。

ありがとうございます。嬉しいです。

『不動産投資をするっていうよりも原田さんと長く付き合っていきたい』

IMG_0821

− そもそも西さんは不動産投資とか、そういうとこに興味があったんですか?

一応父親が不動産業を営んでいるので、不動産っていう言葉自体は身近だったと思うんですよ。ただ、具体的に不動産投資をいつからしようとか不動産を何かしようっていうのは具体的に何も考えてなかったですね。

− なるほど。その中で実際に興味を持たれて、契約して始めるって流れになったと思うんですけど、それってどういう経緯があったのですかね?

まずですね、弊社がオウンドメディアっていう情報発信サービスの提供をしていて、その中でライフサイクルの原田さん、原田社長にご提案させていただいたんです。それで、実際に出来上がったページの中で、このような形で僕がお客さんにインタビューする場っていうのを今までに三回させていただいていたんですよね。基本的にワンルームマンションの経営とか不動産投資っていう言葉自体、良い面ある一方でメディアとかでも問題に挙がってる不動産投資詐欺みたいなところもあってちょっと怖いなって勝手なイメージを持ってたんです。
なので、実際に不動産投資3名の方にインタビューをさせていただいたときに、まずそもそものところで不動産投資についてインタビューをする顧客がいること自体びっくりしたんですよね。なぜかというと継続的な付き合いはあるものの、基本的には実際物件を購入した後は自分でやっていくというスタンスのところがほとんどっていうイメージがありまして。やっぱりお客さんに顔写真を出してもらって、名前を出して、直接自分の声を発信していくっていうのがすごいハードルが高いことだと思うんです。このハードルが高い中でそういうものが実現できているということは、お客様とのコミュニケーションを取れていて、お互いの関係性、信頼性がすごく高いと思うんですよね。
つまり、不動産投資をするっていうよりも原田社長、原田さんと長く付き合っていきたいっていうところから興味を持ったっていうのが1つの経緯ですね。

− なるほど。抽象的な質問にはなるんですが、そういうの聞かれて原田さんはどう思いますか?

私とそういう風にずっと付き合っていきたいと思っていただいたっていうことはとっても嬉しいですね。やっぱり不動産投資って長く付き合いをする商品ですので、人間力も大事になるのかなと。だからこそ、そういった人間力的なところをもっと磨かなあかんなと、改めて思いました。

ありがとうございます。

『商品を売るだけでなく、お客様のその先の人生においての幸せまで踏み込んでいる』

IMG_0812

− ただどうしても不動産の投資の方って売ってしまって終わりみたいないうイメージがすごい強いんですけど、ホームページを拝見させてもらってライフサイクルさんはアフターケアにすごく力を入れているように感じるんですね。このアフターケアに関して具体的にどんなことを行っていたとか、実際に西さんから見られてどういう風に思われていますか。

はい、僕はまだ不動産投資をして暦が浅いので、第三者の声になるんですけど、インタビューの声を聞いている中で感じたことがあります。例えばある書類がこの日に必要っていう事実があるけど、他の仕事とかでできないって時に、お客さんを第一に考えて別の上手いやり方がないのかって探したりするところに対して、すごく注力をされていると。
なので、アフターフォローとはちょっと若干ずれてくるかもしれないですけど、本当にこのエンドユーザーというか、お客さんのためにっていうところがすごいなって思って。結果的にそれが全部アフターフォローの充実っていうところにつながってきているんじゃないかなって思いますね。

− なるほど。それってライフサイクルさんとして、ここに取り組もうって思ったきっかけってあったりするんですか。

結構新規の営業ってなかなか正直難しいところがあるんですよ。なんですけど、やっぱりそのお客様にアフターフォローしていることで、次のご紹介いただけたりとかということもあるので、まずは今顧客になってくれているお客さんに喜んでもらうというのが一番だなと感じてやっております。

− 素晴らしいです。僕も本当にお世辞抜きで何か投資したいっていう時があったら本当にお願いいたいなって思うくらい。

− 逆にこういうところもっと改善したらいいんじゃないかなってもしあれば少しお聞きしたいな、と思うんですけど。

そうですね、今ちょっと改善っていうのを考えてるんですけど…
やっぱり基本的に商品を売って利益を上げてっていうのはもちろん大事だと思うんですけど、お客様のその先の人生においての幸せであったりとか、常にそこまで踏み込んでいるんで、改善点を挙げるのがすごく難しいですね。
基本的に商品の先の満足度を目的として行動されているんで、改善点としてはそんなにないっていうのが本当に、本音。

ありがとうございます。それはすごく嬉しい。

『やっぱり付き合う人っていうのが一番重要』

IMG_0837

− では最後、今後検討されている方へというので西さんの方からメッセージ、お願いします。

わかりました。基本的に人の人生ってだいたい80歳のプラスマイナス10年くらいだと思うんで、全ての物事とか事柄に対して短期的な視点ではなくて、長期的な視点で見なければいけないと僕は思うんですね。
例えば短期的に半年とか一年とかで利益あげるものっていっぱいあると思うんですけど、長期的な不動産投資となると、ずっと付き合っていかなければならないじゃないですか。じゃあずっと付き合っていく上で、商品とかプロダクトっていうのは当然重要なんですけども、やっぱり付き合う人っていうのが一番重要だと思ってるんですね。不動産経営とか検討されているということであれば、当然リスクがすごいあるので、何かとこれどうしようっていう不安があると思うんですけど、この人とだったらずっとついていけるんじゃないかって思わしていただけるのが原田さん、原田社長だと思います。
不動産投資に興味はあるけど不安や悩みもあるという方であれば、まずは人っていうところを見ていただいて、原田さんと一度お話ししていただければなというのは強く思いますね。

− なるほど。いいコメント、ありがとうございます。

『最終的に死ぬことが最大のリスク』

IMG_0817

− それではこれで終わろうかなと思うんですけれども、最後、大丈夫ですかね?

私ね、西さんが不動産を買うか車を買うかって話をされていたのがすごい印象的で。

事故った時ですかね。

はい、自転車の事故があった時。あの時に車を買おうと思ってたけどやっぱり人間何があるかわからんから、車より不動産の方がいいのかなって。不動産だと、もしなんかあっても奥さんとか家族のためになるし、税金対策にもなるしいいじゃないですかって言ってくれたのが印象的だったんです。そんな風に感じてもらえたんだったら、どうせ不動産投資をやるんだったらうちで、西さんと私もお付き合していきたいっていう風に思ってお勧めしたんですよ。

ありがとうございます。

今の若い人たちは不動産より車とか買う方が面白いという人も多いと思うんですけど、やっぱり家族に対してとかの責任なのかもしれないですけど、先のことを考えて始められたことに関して、すごい西さんを応援させて欲しいなって思ったっていうのがあるんで。ありがとうございました。

いえいえ、こちらこそありがとうございます。あと、今こうリスクっていうところがどうしてもあるって話をしたんですけども、でも結局リスクって最終的に死ぬことが最大のリスクだと思いますね。実際今僕も相談させていただいていますけど、全然何も社会的に死ぬようなことも今のところ起こってないですし。僕1人目の方も2人目の方3人目の方もインタビューさせていただきましたけど、3人の方も不動産のリスク何ですかって聞いても何も起きてないんでから答えられないと言われて。なので特に20代の方にそもそもリスク自体ないですよっていうことを言いたいですね。

− わかりました。

別に購入してもそんな月々数十万数百万かかる話じゃないですし、むしろ全然とんとんとかいわゆるプラスになる方も場合によってはいらしたので、逆に言うとなぜ興味があってやらないのかという感じなんで。やらない理由が「よくわからないから」ってことだとしたら、特に20代30代前半の方は 一回話聞いたほうがいいですね。でないと、それが5年10年経っていくと30歳から35、40歳、40歳でしようと思ったらもうローンも組めないとか、そっちのほうがリスクなんで。ちょっと偉そうですけども、一回20代、30代の方は先のことも考えて不動産投資を検討して欲しいと思いますね。

時間ってすごい武器なんで、若さってすごい羨ましいなと思います。

そうですよね、若ければ若いほど絶対にいいですもんね。

− 僕も5人目のインタビュアーになれるように頑張ります。

(笑)、ありがとうございます。よろしくお願いします!

− ありがとうございました。