オーナー様へ,マンション経営を知りたい方へ,不動産情報,記事

経費とは?

 キャプチャ3

「マンション経営をすると経費を出すことで節税できるんです」

 
 
「経費」とは何でしょうか?
経費とは「売り上げを得るために使ったお金」のことを言います。
 
 
 
例を挙げますと、
 
もし、あなたがお弁当屋さんの経営者であれば…?
18b32b2c531f18a76131a708bb76c934_s
・お弁当の材料(お米・野菜・肉・魚・・・)
・お弁当箱にかける原価
・販売場所の家賃
・販売する人のバイト代…etc
これらは「売り上げを得るためにかかった費用」ですので、全て経費です。
 
 
 
もし、あなたが商品の販売や製造の経営をしていれば…?
28a6e64eed2068c8c47776477e6a3adf_s
・材料代
・電気水道代
・事務所の家賃
・取引先への接待…etc
これらも経費です。
 
 
出ていくお金のほとんどは経費ですね。
 
 
 
では
「経費を出すことで節税になる」とはどういう意味でしょうか?
 
 
下図をご覧ください。
キャプチャ3
こちらは、売上に対して税金がいくらかかるのかを表した図です。
売上すべてに税率がかかるわけではなく、
売上のためにかかった費用(経費)や控除分は差し引いて税率をかけてくれます。
 
売上からオレンジ色の経費を引いたものが「所得」です。
さらにオレンジ色の各種控除(社会保険料控除など)を引いたものが「課税所得」といいます。
税金はこの「課税所得」に対してかかります。
オレンジ色の経費が多ければ多いほど、所得が減り税金の納付額が少なくなります。
実際に個人事業主であれば、経費に計上できるものはすべて計上して所得を少なくし税金を最小限にしようという方も多いです。
 
 
 
マンション経営を始めたオーナーさんの場合
”家賃収入を得るために使った費用”ということで
「経費に計上すれば課税所得も少なくなって税額が下がる!(節税できる)」という訳ですね。
(なんでも無条件に経費計上できるわけではありませんが笑)
 
では、マンション経営における
「経費」とは何があるのでしょうか?
どんなメリットがあるのでしょうか?
 
減価償却とはに続きます。