マンション経営を知りたい方へ,不動産情報,記事

地震のリスク

dcedb3ba07c1c893a9d6610d0e10ac28_m

地震が起きた時に大丈夫かな?

住居を購入するときに考えるコト。
住む人の命に関わる事なのでこちらは特に重要なポイントです。
日本列島は世界的にも地震が起きやすい地域。
記憶にも新しい、今年の4月には熊本で震度7の地震がありました。
被災者の方にはお悔やみとお見舞いを申し上げます。
 
 

新耐震基準の物件を。

 
どんな場所も”絶対安心”ということはありません。
しかし対策を打つことはできます。
建築基準法では地震に対する基準が年々厳しくなっています。
具体的には基礎設計を強化したり、地盤調査を義務化したり、壁を地震にも耐えられる耐力壁(たいりょくへき)にしたり…。
特に、1981年以降に建てられた物件は“新耐震基準”と言われ、地震に強い設計なっています。
鉄筋コンクリート造りの建物であれば阪神大震災でも東北大震災でも熊本の震災でも、倒壊した建物は1棟もありませんでした。
※新耐震基準…数十年に一度程度発生する震度5程度の地震に対して構造躯体に損傷を生じず、数百年に一度程度発生する震度6強~7程度の地震に対しては倒壊・崩壊しない程度
 
以下が地震時の被害状況です。
 
 

頑丈な物件の選び方

 
①1981年以降で新耐震基準で建てられたもの
②鉄筋コンクリート造であること
この2点が満たされていればより安心です。
「何が起きるかわからない」というのは怖いですが
「起こるリスクが明確で少なくできる」ことは安心だと思いませんか?