マンション経営を知りたい方へ,不動産情報,記事

同窓会で気づいたこと~入居者目線~

da1a488abc1956c9bac8665fd13d9385_m
前回の記事では、大家さん目線で「良い立地はどこか?」を考えてみました。
今回は、入居者目線で考えていこうと思います。
 

入居者目線とは

 
先日中学校の同窓会があり、友人が勤務先近くに家を借りるという話を聞きました。
実家から1時間半かけて通勤するのがどうも辛いみたいです。
話を聞くと、勤務先にアクセスしやすい駅近のワンルームを選んでいました。
 
入居者目線では
・勤務先に通いやすい駅
・乗り入れが多い駅
など「最寄駅の利便性」を重要視します。
 
このようなランキングがありました。
 

関西圏住みたい駅ランキング2016

(資料出所 suumo)
 
1位 西宮北口駅
2位 梅田駅
3位 神戸三宮駅
4位 岡本駅
5位 千里中央駅
5位 夙川駅
7位 なんば駅
8位 宝塚駅
9位 江坂駅
10位 天王寺駅
 
suumoが毎年発表している関西圏人気の駅トップ10で、どの駅もビジネス街の近くもしくは大都市にアクセスのしやすい駅です。
友人が住む家の最寄駅もこの中に入っていました。
 
 

質問です

 
では、ランキングトップ10の駅について質問です。
それぞれの駅の市区町村はどこですか?
 
・梅田駅は大阪府の何市?何区?
 
・江坂駅は大阪府の何市?
 
例えば
梅田に住みたい人が、どれだけ「梅田駅は大阪市北区」ということを把握しているでしょうか?
 

市区町村選びよりも最寄駅選び

入居者の立場になると「大阪市の北区に住みたい」という気持ちよりも「梅田駅の徒歩○分以内に住みたい!」と考える気持ちの方が強いのではないでしょうか。つまり、不動産経営の立地選びは最終的に最寄駅の集客力選びとも言えます!
 

最寄り駅の乗降客数を見て判断

立地選びに重要なのが、最寄駅の利便性ということがわかりました。
これを数値化したものが「1日あたり乗降客数」です!
目安としては、駅の乗降客数が1日あたり5万人以上。これ以上の乗降客数があれば人気のある利便性の高い駅と言えます。
※梅田駅→1日あたり乗降客数は約143万人/日です(wikipediaより)。
 実は大阪市北区の梅田駅、大阪駅は西日本最大の乗降客数なんです。
 
安心な不動産経営をするには家賃相場・世帯人口率と併せて最寄駅の乗降客数をチェックすることで入居者需要を判断できます!
 
みなさんが入居者の立場になった時、借りる家の基準は何ですか?😊
目線を変えると物件選びも楽しくなります。