オーナー様へ,不動産情報,記事

マンション経営を始めた目的

50fc2f05e0b0cd44a0af96c4a183baad_m不動産経営で得られる利益には2種類があります。

 

①家賃収入

「老後が不安だからプラスの収入が欲しい」

「子どもや孫に収入を残してあげたい」

 

②(売却した時の)売却益

「売却して短期的に利益を出す」

不動産市場が上昇している昨今では、買ったマンションをすぐに売却して利益を出すという短期売買も増えています。

 

増加しているケース

「家賃収入を得る、老後の収入源にする、子供に遺してあげたい」と購入しながらも

「今が売り時」「儲かる」と聞いてすぐに売却するケースが増加しています。

(最初から売却益目的で購入して利益が出ることは計画通り。素晴らしいことです!) 

 

 

一時の利益か、継続した利益か

 

始めた目的が「安定収入源」であれば

売却すれば一時の利益で終わってしまいます。

 

 

今後、複数戸マンションを所有したい方へ

・売却益を得るための短期売買は儲かったとしても、その儲けが「譲渡所得」として課税される可能性も考えなければなりません。

・融資を利用して購入した場合だと金融機関によっては繰上返済手数料がかかる場合があります。

・短期売買を繰り返すと金融機関から融資を断られる可能性もあります。

 

 

始めた目的を確認する

 

①家賃収入

②売却益

どちらがスタートの目的でしたか?