オーナー様へ,不動産情報,地域情報,記事

動き出す大阪万博計画

14

昨年ブログでご紹介しました大阪の大規模プロジェクト(~2025年)

記事にも紹介してある通り、4/28~5/7まで「大阪食博」が開催されていました♪

行かれた人も多いのではないでしょうか?

 

そして、大阪の大規模プロジェクトの目玉といえば…!!

2025年大阪万博計画です。

目標来場者数は3000万人

経済波及効果予想が6兆円

 

 

政府は4/24、大阪万博開催希望を博覧会国際事務局へ届け出ました。

開催地決定は来年(2018年11月)の予定です。

1970年の大阪万博では吹田市の千里丘陵で開催されましたが、今回は人工島の”夢洲”で開催予定です。

 

 

夢洲ってどこ?

湾岸エリアにある人工島で大阪駅から約10km、車で30分程度の立地にあります。

キャプチャ

夢洲は大阪市民でも行ったことのある人は少ないと思います。私は昨年車で見てきましたが、物流倉庫とコンビニが一つあるだけで、あとは広大な空き地が広がっていました。

 

 

大阪の湾岸部の再開発は未だ発展途上

夢洲に万博やIR(統合型リゾート)が来れば人を集める大きな磁力にすることができ

大阪経済もより発展していきます。

 

 

今後の大阪、とても楽しみです。

まずは万博が開催されるか、2018年が待ち遠しい所です 😎 。