オーナー様へ,不動産情報,記事,賃貸管理

家賃支払明細書が変わりました

先日、IT重説についてブログで書いたとき、弊社もIT化を進めておりますと書きました。

IT化は導入しても、またより良くなるようアップデートしていかなければいけませんが、最近、弊社で変わったことの一つが賃貸管理ソフトのヴァージョンアップです☆

オーナー様の中にはお送りしている家賃支払明細書を見て、「あれ?先月と少し書面が違うな~」と思われた方もいらっしゃいました。

そうなんです、賃貸管理ソフトがヴァージョンアップしたので書式が若干変わりました。

家賃支払明細書

大きく変わった点としましては、今までは振込先口座ごとに支払明細書は印刷されていましたので、この参考写真のように口座が3つあると最低3枚に分かれた状態で送っていました。

それがひとまとめに印刷されるようになりました。

今までと比べてどちらが良いかは個人個人で違うかもしれませんが、一枚目を見れば各口座にいくら家賃が振り込まれるかすぐに分かるのは便利かと思います。

 

まだ使い慣れていないところはありますが、ヴァージョンアップしたことで私たち管理部の仕事の性能もスピードも上がっていきます。

より良いサービスがご提供できるように、今後も新しいシステムを取り入れたり、IT化を進めて参ります :-)